夫の転勤 ~2匹の猫と北の大地を踏む~

16歳ミックスにゃんこ&3歳メインクーンと一緒に、夫の転勤に軽ーい気持ちでついて行ったお話

本当に「山は友達」なのか!?TJKを利用してお得に1日利用してみた!~ルスツリゾート~

みなさん、「ルスツリゾート」をご存じでしょうか?

 

札幌から車で約1時間30分の場所にある、北海道を代表する一大リゾート!

3匹のかわいらしいリスが「やま~はともだち!!」と歌っているCMでお馴染みの、あのルスツリゾートです!

 

その巨大リゾートで毎年9月中旬の3日間に開催される恒例の

 「ルスツリゾートうまいもんまつり」

を、これまたお得なチケットで楽しんできましたので、その様子をリポートしたいと思います!

 

 

ルスツリゾートとは

ルスツリゾートとは、北海道の南部・虻田郡留寿都村にある、豊かな大自然に囲まれた北海道最大級のレジャー型リゾートです!

どこまでも広がる広大な敷地内には、遊園地・ホテル・ゲレンデ・ゴルフ場があり、そこからは「蝦夷(えぞ)富士」とも呼ばれる、稜線の美しい羊蹄山を望むことができ、ご家族揃って一年を通して楽しむことができるリゾート地なんです!

 

秋の味覚を味わう大イベント

そして、そのルスツリゾートで開催される秋の大イベント、それが

ルスツリゾートうまいもんまつり」 なのです!

 

北海道で最大級のアトラクションがそろう遊園地の遊び放題・乗り放題と、バーベキューの食べ放題、ジュースやワインの飲み放題がセットになった超お得な秋のグルメイベント、とのこと。聞いただけでお腹も心も満たされますね~!!

 

 車で札幌市内から1時間30分

 札幌市からひたすら真っ直ぐ国道230号線を走しらせると、あっという間に到着します。非常にわかりやすい経路です。

国道230号線はルスツに行く為の道なのでは?と錯覚するほどです。

 

途中の定山渓温泉付近では若干の渋滞が始まり、バーべキューの受付終了時間に間に合うか、ヒヤヒヤしましたが、そこをすぎればスムーズです!

渋滞時間を考慮して、余裕をもっての計画をオススメします!

途中の中山峠のカーブはかなりキツいので運転には要注意です!!

 

 

いくらで楽しめるの?

ルスツリゾートうまいもん祭り」の料金はこちらです。

 

お得な前売り券

(うまいもん祭り食べ放題・飲み放題 + 遊園地乗り放題1日券)

  大人  5900円

  小学生 4600円

  幼児(4歳以上小学生未満) 1800円

 

当日券

(うまいもん祭り食べ放題・飲み放題のみ)

  大人  2800円

  小学生 1900円

  幼児(4歳以上小学生未満) 1200円

 

 (遊園地乗り放題1日券のみ)

  大人  5000円

  小学生 4000円

  幼児 (4歳以上小学生未満) 1200円

 

前売り券がいかにお得なのか、お分かり頂けると思います!

 

しかし・・・

もっとお得なチケットを手に入れる方法があるのです!

 

それは、私の主人の勤めている会社が加入している健康保険組合

「東京情報サービス産業健康保険組合」(TJK)

北海道地区ファミリーハイキングに参加するという方法なんです!

 

残念ながら、組合員の方限定の企画ですので全ての方が受けられるサービスではありませんが、組合員の方にはぜひおススメしたい情報です!!

 

事前の申し込みが必要となり、さらに抽選に当選しなければなりませんが、それさえクリアすればお得で楽しい休日が待っているのです!

 

当日の受付でTJKの資格(健康保険証)を提示しなければならないので、保険証は忘れないようにしましょう!

 

そして気になる料金はというと・・・

うまいもん祭りと遊園地遊び放題がついて

大人  2000

小学生 1500

幼児   500

シニア(60歳以上)1500円 

 

 破格の値段なのです!

おじいちゃんあばあちゃんも一緒に、家族総出で出掛けても約1万円で一日楽しめるというのは、本当にコスパ最高です!!(一部有料の物もあるので、場合によっては持ち出しがゼロという訳ではありませんが・・・) 

 

 さらにコストパフォーマンスを高めるためには、

「いかにお肉を食べるのか!」

「いかにお酒を飲むのか!」

「いかに楽しむのか!」が最重要ポイントになってきます!

 

駐車場はあるの?

駐車場は有料(1台500円)ですがホテルの隣にありますので、安心して停める事が出来ます。

入り口の係の方に「泊まり」なのか「日帰り」なのか聞かれ、ここで駐車場の場所が振り分けられているようです。

 

事前の予約が必要ですが、TJKの組合員は送迎のバスを利用することもできます。

行き帰りの運転から解放されて思う存分楽しみたいという方は、送迎バスがオススメですね!

 

いざ、戦いの場へ!BBQスタート!

f:id:hachimofu:20190915095231j:plain

▲こちらがうまいもん祭り会場のゲートです。

 

9:00の開園に合わせて、8:30からホテルのメインエントランス前で受付が開始されます。

バーベキュー会場オープンは10:45!

それまでの時間はショップをのぞいてお買い物をしたり、食べ放題に向けてお腹を空かせるのも良いでしょう!!

 

TJK特典の場合は、11:30がバーベキューの受付終了時間となります。受付終了時間を過ぎたらチケットをもらえないので、遅れないようにしましょう!


チケットを入手したら、14:00の食べ飲み放題終了時刻まで、思いっきり食べて飲んで、楽しみましょう!

ちなみに15:00にはバーベキュー会場が終了となります。

 

 

f:id:hachimofu:20190915140614j:plain

 ▲ゲートをくぐると、係の方からこのような袋を1人1袋もらいます。

中身が気になりますが、まだ我慢・・・

 

f:id:hachimofu:20190915140447j:plain

▲次の係の方から、座布団代わりの少し厚めのジョイントマットと発泡スチロール製ブロックが必要か聞かれます。

座ったりテーブル代わりに使えますので、必要な方は人数分をお借りしましょう!

 

会場はスキー場のゲレンデの斜面を使い、

f:id:hachimofu:20190915163650j:plain
f:id:hachimofu:20190915163612j:plain

 こんな形のコンロが整然と並べられており、ルスツリゾートさんのていねいなお仕事を垣間見ることができます。

場所は空いている所ならどこでもOK! 好きな場所をゲットしましょう!

すでに火は起きているいるので、面倒な作業は一切ありません!

 

ただ焼くのみでバーベキューはスタートです!

 

私たちが会場に入った時には既に多くの皆さんが焼き始めており、いろんな場所からバーベキューの「狼煙」があげられておりました。

とにかく煙はすごいです。

 

f:id:hachimofu:20190915153434j:plain

 ▲そしてこちらが袋の中身です。所謂、スターターセットですね。

中には1人分の・・・

  1. お皿
  2. 割りばし
  3. お手ふき
  4. 焼肉のタレ
  5. タレをいれるカップ
  6. カルビ肉1袋
  7. ジンギスカン1袋
  8. 野菜セット(とうもろこし・ピーマン・かぼちゃ・つくね・ウインナー2本)

が入っています。

 

それでは焼き始めましょう!

 

f:id:hachimofu:20190915234144j:plain


食べ放題ですから、どんどん焼いてどんどん食べましょう!!

 

f:id:hachimofu:20190915175112j:plain
f:id:hachimofu:20190915175053j:plain
お肉・飲み物は足りなくなったら即おかわり!!


ジュースやワインがシャンパンタワーのように積み上げられています!

飲み放題以外のビールやお茶、おにぎりなどは販売していますよ!

 

他にも、豪快な「しろほ牛の丸焼き」「ルスツ高原ポークの豚汁」「焼きそば」「ポップコーン」「フライドポテト」「スイーツコーナー」など、もちろん食べ放題のメニューがたくさん用意されています!

 

 中央のステージでは、地元の小学生・中学生のジャズバンドやダンス、アーティストの方の歌声が披露され、耳も目も楽しむ事が出来て、飽きることがありません!

 

私たちは初めてだったこともあり、レジャーシートしか持って行きませんでしたが、食べ始めてから「これは必要だったな」と感じた物がありましたので、まとめておきます。

持って行けばよかった物

  • クーラーボックス

 どうやらこのイベントは持ち込みOKなようなので、ブースで売っていないような飲み物が飲みたい場合は、持っていっても良いかと思います。

机代わりにもなるので便利だとは思いますが、バーベキューの後、遊園地で遊ぶ場合は荷物になるかもしれませんね。

 

スターターセットの中にもウエットティッシュが1枚入っているのですが、とにかくこういう外でのイベントは、なぜか手がベトベトになるので1枚では足りませんでした。

お子さんがいれば尚更だと思いますので必須ですね。

 

  • 日除けグッズ

9月中旬の北海道とはいえ、日差しがかなり強く日焼けもしてしまいました。

テントを持ってきている方たちもたくさんいましたが、かなりの常連さんでしょうね。

日除けにもなるし、疲れたお父さんたちがそのテントの中で、気持ちよさそうにお昼寝していました!

  • 雨具

日焼けをするくらいだったので必要ありませんでしたが、山の天候は変わりやすいので用意しておいて損はないと思います。

  • 折り畳みのイス

地面に座るのは気持ちよいものですが、足が悪い方やお年寄りはあった方が良いかなと思いました。結構長時間になりますしね。ただし、周りの方の迷惑にならない範囲での使用が良いかと思います。

 

 混雑を避けたい人は・・・

13:00~13:30になると、遊園地に遊びに行くグループがちらほら出てきます。そうするとコンロにも空きが出てきて、ゆっくりと座れることが出来ます!

空いているならば、「おかわりブース」に近いコンロがいいですね!

時間がある方は、この時間からがおススメですよ!!

 

お腹一杯食べたら次は「絶叫系」へ・・・

ずっと食べていたい気分ですが、入場料も込みの金額ですので、隣の遊園地にも必ず行きましょう!

ハロウィンが近いという事で、園全体がハロウィン仕様になっていました!

f:id:hachimofu:20190915181447j:plain

園全体でかぼちゃは何個!?

絶叫系あり、子供も楽しめるアトラクションあり、羊蹄山へのゴンドラあり、大道芸人さんのパフォースもあり、日帰りで帰るのがもったいないくらいのボリュームでした!

 

f:id:hachimofu:20190915182221j:plain

▲待ち時間短めで、「ハリケーン」乗れました!

 

 まとめ

とにかくお腹一杯に食べて飲んで遊んで、2000円は本当にスゴイです!

これもTJKさんのおかげです!また来年も必ず参加したいと思わせるイベントです!

 

コスパもさることながら、この広大なスペースの隅々まで行き届いている管理・経営にルスツリゾートさんの企業努力を感じ、感動しました!

皆さんにも、この感動を実際に肌で感じて頂きたいです!

 

ルスツリゾートは、「やま~はともだち!」どころか、満腹と感動を与えてくれる、素晴らしいスポットでした!!

先手必勝!!脱・引っ越し難民!

主人の転勤の都合で中部地方から札幌への引っ越しが決まり、物件探しと共に引っ越しをどこの業者さんに頼むのか、業者選びは頭を悩ませる大きな問題です。

かなりの長距離になりますし、時期によっては「引っ越し難民」と呼ばれるような、引っ越しが出来ずに困ってしまう人たちが溢れかえるような状況は、今や社会問題ともなっており、春のお決まりのニュースとなっています。

安心して引っ越しをする為には、どんなことに気をつければよいのでしょう。

実際に引っ越し業者さんへ問い合わせした中で、気を付けた方が良いことや、初めて知った事などがありましたので、お伝えしたいと思います。

これから長距離の引っ越しをお考えの方のお役にたてればと思います。

 

 

 

 いつからこんなに引っ越しが大変になったのか

ここ数年「引っ越し難民」という単語がニュースなどで取り上げられるようになり、大きな社会問題となっています。

大きな家具や重い家電などを運搬するなど、とても体力を必要とする仕事の為、慢性的に作業員が不足しがちだと言われております。

特に大手引っ越し業者のトラブルにより、その他の引っ越し業者へのしわ寄せが大きく、その結果消費者である我々が「引っ越し難民」となり途方に暮れてしまう、というようなことが全国各地で起きてしまっているのです。

 

引っ越し業者への問い合わせ

自分の希望日に「適正価格」で引っ越しをする為に、とにかく引越業者さんの確保は早目にしておくことをおススメします!

引っ越しのスケジュールが決まったら、即動いた方がよいでしょう。

我が家の場合、引っ越しが集中する時期を外れていたので、希望の業者さんにお願いすることが出来ましたが、それでもトラックと作業員の方の確保が可能かどうか、1週間程待たなくてはなりませんでした。

この1週間はとても不安で、トラックと作業員の方の確保が出来なかった場合、引っ越しのスケジュールを変更しなければならない可能性もありましたし、他の業者さんへの問い合わせで更に時間を使ってしまうので、ヒヤヒヤでした。

 

物件探しと同じように、ここでもネットから「一括見積もり」をしました。

レスポンスは早いし、比較ができるのはありがたいですね!

見積もりをとったら、2,3社の業者さんと直接お話をするのはとても重要だと思います。

 中には、北海道への引っ越しは出来ないという業者さんもありましたので。

 

見積もりを実際にとってみて、北海道への引っ越しの方法としては以下の2つ方法があるという事が分かりましたので比較したいと思います。

 

北海道への引っ越し方法

コンテナ便で1週間かけて、鉄道と船で輸送する

比較的リーズナブルに輸送できますが、荷物を送ってから受け取るまで1週間かかってしまいます。荷物を送った後の1週間、どうやって過ごせばよいのでしょう?? 

人間だけなら我慢もできますが、にゃんこがいる我が家にはこの方法は厳しいですね。

 

トラックを1台チャーターし、4日間かけて輸送する

チャーター便は、コンテナ便に比べて短期間で輸送できるところが最大のメリットですが、トラックと作業員の方を拘束してしまうので、その分引っ越し代は高くなります。

 

やはり、距離が遠いので最低でも4日間はかかってしまいます。これは仕方のないことですね。

引っ越しをお願いした側も、この4日間の過ごし方は大変だと思いますが、逆に業者さん目線で考えてみると、他の作業に当たれないのでどうしても割高になってしまうのは、納得できるような気がしますね。

 

結局、短期間で引っ越しができる方法となったのですが、北海道へのチャーター便がある業者さんは1社しかなかったので、選べる余地はありませんでした。

しかし、電話でお話しした時に一番ていねいな対応をしてくれたのがこちらの業者さんでしたので、安心してお願いすることが出来ました。

 

このことから、ネットで検索してもそのあとは、

必ず直接話をして、受付の方の対応や担当者の方の雰囲気などを確かめるのはとても重要!

という事を改めて感じました。金額が大きいので尚更です!!

 

肝心な見積もり価格は・・・

引っ越し元の作業員4人、引っ越し先の作業員も4人、4トントラック1台チャーターして、約60万円!

作業時間は、引っ越し元で約3時間、引っ越し先で約2時間半~3時間かかるとのことでした。

私たちの引っ越しの荷物の量としては、2人家族としては若干少なめという事でしたが、今回の引っ越しの料金は、荷物の量ではなく、輸送の距離が料金を膨らませている要因だという事を教えてもらいました。

 

妥当なのか良く分かりませんでした・・・でも、繁忙期を外していてこの価格。

一番のハイシーズンだったら、一体いくらになるのでしょう。。。

2倍3倍にもなると聞きましたので、想像しただけでも怖いです。。。

 

値下げ交渉はダメ元でやってみる!

他にやってもらえる業者さんがいないという事は分かっていても、ダメ元で値下げ交渉はしてみました。

しかし、この値段が精いっぱいという事でした。。。

もうちょっと強気でお願いしてみればよかったかな。反省点です。

 

まさかの車も

時を同じくして、主人の会社から、「車を自ら運転して引っ越しの時に移動してはいけない」というお達しが出た為、同じ引っ越し業者さんに車の移動もお願いしました。

同じといっても車の引っ越しは提携会社が行っているので、別会社ということになりますが、車の輸送価格は約10万円。

運転代行会社のように、業者さんが2人で来て、お客さんの車と自分たちが乗ってきた車とに分かれて最寄りの営業所まで運転していき、そこからはトラックに載せ、約1週間かけて指定の場所まで運んでくれるサービスだそうです。

 

こちらも希望日に予約ができなくなってしまうと困るのでその場で申し込みを完了させ、なんとか「引っ越し難民」は回避できました!

 

見積もり依頼を出して分かったこと

とにかく1社だけではなく、可能ならば2社3社から見積もりを取る!

引っ越しのスケジュールが決まったら、業者さんのスケジュールも早目に抑えておく!

荷物の量だけで引っ越し料金が決まっている訳ではない、輸送距離も加味されている!

 これから引っ越しをお考えの方は、ご参考にしてくださいね!

 

ここが違うよ!北海道のゴルフ場!!

せっかく北海道に来たのだから、この地を満喫しなくては!

 ということで、昨日は主人と2人で、ゴルフに行ってきました!

 

北海道のゴルフ場の雰囲気は一体どんなものなのでしょうか?

本州のゴルフ場との違いや、私なりに感じた特徴などをまとめてみました!

 

 

夫婦でゴルフを始めたキッカケ

私たち夫婦は、10年程前からゴルフを始めました。

キッカケは、主人の会社の社長にゴルフコンペに誘われたことでして、何回かの練習のみでコンペに参加したという、なんともはた迷惑極まりない、無謀なゴルファーがここに誕生したのでございます。

 

しかも、そのコンペでは

  1. 「新顔」
  2. 「初心者」
  3. 「最下位」の主人が、

ぶっちぎりのドラコンを取ってしまい、なんとも申し訳ない気持ちで商品をたくさん持ち帰ってきたことは、記憶に新しいところであります。

 

私がゴルフを始めたのも同じタイミングでしたが、「師匠」からコースデビューの許可が中々下りず、1年間は練習のみ!

厳しい師匠でしたが、最初の練習が肝心!ということと、技術面だけではなく、マナーなども覚えなくては同伴者にも迷惑がかかる、それになにより先の長いゴルフ人生の中で、中途半端にマナーを覚えてしまうと自分が恥ずかしい思いをするから!ということで2年目の春にやっとコース解禁となりました!

 

私の住んでいた中部地方にはたくさんのゴルフコースがあり、1番近いコースは家から約15分。ゴルファーにとっては、かなり恵まれた環境です!

4月から11月までは地元で、雪の降る12月から3月までは、暖かい隣の県までわざわざプレーしに行くんです!!

雪が積もっていようが、寒かろうが、クローズかどうか半信半疑でも、早起きして車を走らせるのがゴルファーというものです!

北海道も市街地から近いところにたくさんコースがあって同じ様な環境とも言えますが、隣の県まで遠路遥々行くっていうのが少し違うところでしょうか。。。

 

ここが違うよ、北海道ゴルフ

 

まずは・・・

スループレイが多い!

今までは午前中にハーフを、ランチを食べて残りのハーフを・・・というのが、当たり前のプレースタイルでした。

早起きしてゴルフ場に移動して9:30にスタート。

12:00にはランチをとって13:00から午後のハーフ。

ラウンド後にはお風呂(温泉)に入って18:30からは「反省会」という名のお疲れ様会!! とこんな感じ。

はい、1日がかりです、ゴルフの為だけの1日です。。。

 

ランチは、ドリンクバー付き食べ放題とかステーキフェア、鰻フェア、スイーツ食べ放題など、地元の新鮮高原野菜をふんだんに使ったメニューがあり、欲をかいて満腹まで食べてしまうと午後のパフォーマンスに影響します。が、腹八分目でとめておくことは中々できません・・・そして午後イチで「OB」なんてことも多々ありましたね~。

 

でも、こちらではほとんど午後スルーで回っております(もちろん、お昼付きプレーもの方もたくさんいらっしゃいますよ!)

 

「お昼休憩無しなんて、疲れちゃうよ~」と思っていましたが、やってみれば意外と快適!時間短縮にもなりますし、もちろん料金もその分お安くなります!

それになにより、その日の調子にもよりますが、やっとエンジンが掛かって来たところで1時間の休憩に入ってしまうのは、正直モッタイナイ・・・

このままの調子でやりたい!っていう時はちょっとがっかりきちゃいます。

でも、その葛藤が無いのが「スルー」!!

良くても悪くても、クラブハウスを素通り!!

 

ただ、途中でお腹がすいて集中力が欠けてくるので、私は小さなおにぎりを持っていきます。チョコレートとかちょっとしたお菓子とかおつまみを持って行くといいですね!

平日でも日曜日でも、混んでいてどうしても待つことが多いので、特に同伴者がいる時にはそのお菓子がコミュニケーションのきっかけになることも多々あります!

 

芝はベント!!

粘りっこいベント芝!ラフに入ったものなら、抜けが悪くてスライスしちゃいます。

地元ホールはほとんど高麗芝でした。一つだけベント芝のゴルフ場もありましたが、そこでコンペなんてなったら、かなり気合を入れてプレーしていたものです。

北海道ではベント芝が主流なのでなんだか上手になっちゃうかも!?


 ゴルフ場の隣がトウモロコシ畑!?

「ゴルフ場は山の中に」という認識でいたので、隣の敷地に何かあるという感覚がありませんでした。しかし、ラウンド中、フェアウェイから見えてしまったのです!

トウモロコシが!!

ワッサワサと収穫間際のトウモロコシがずらーっと・・・

改めて北海道ののどかで雄大さを感じました!

 

鹿ではなくてキツネがお出迎え!?

鹿とかサルとかは今までもあったんです。たまには、カラスがボールを咥えて持って行っちゃたり・・・なんてことも。

でも、キツネは初めてでした!しかも、人馴れしてるのでどんどん近くに寄ってくるんです!きっと、食べ物をあげたりする人もいるんじゃないかな。

野生のキツネのイメージは「クール」だったので、人馴れしているキツネを見て、ちょっと悲しいというかかわいそうというか、心が痛くなりました・・・

エキノコックスも気になりましたしね。

f:id:hachimofu:20190905094305j:plain

 

フェアウェイ乗り入れ可能!!!

多分北海道では主流だと思いますが、私たちにはとても有り難い、乗り入れOK!!

雨の日の次の日は不可が多いですけれど、今のところかなり恩恵をうけております。

今まではほとんど乗り入れ可というゴルフ場はありませんでした。その変わり、カート道をGPSで自動で動かせれるので、それはそれで楽ではあったんですけれどね。

 

今のところスループレイばかりのなので、ランチを食べた事ないのですが、たまにはジンギスカン付きでラウンドしてみたいものです!!

それにゴルフシーズンも短いということなので、なるべくたくさんまわりたいですね!

 

そして・・・   

昨日ラウンドしたゴルフ場は、こちら!

 

 「サンパーク札幌ゴルフコース」

 

東コース・西コース・南コースの3コース計27ホールの大きなゴルフ場でした。

大体のホールで、ティーグランドからピンが見えるフラットなコースで、フェアウェイも広いし、のびのびラウンド出来ました! ただし・・・

その分グリーンはなかなか早目で、難しいところにきってありました。

 

一度だけ、11フィートという、つるっつるのグリーンに挑戦したことがあります。

下りのラインは本当に触るだけ!動くきっかけを作るだけという絶妙なタッチを要求される、なんともストレス連続の一日でした(試合の次の日だった為) 

 

昨日はそれよりは全然おだやかでしたが、それでも結構速かったですよ!

そういえば、先々週見てきた男子プロのコースは、12フィートでしたね。

 

南コース→西コースの午後スルーでロッカー使わず ¥6472 

平日だったのでリーズナブル!!ちゃ~んとTポイントゲット!!

みなさん、Tカード忘れずにね!!

 

オンナゴコロをくすぐります♡

 そうそう!!

西コース6番のティーグランド!!

ちょっとわかりづらいですが、分かりますか?

ハートの形してるんですよ!

さらに、ティーマークも可愛いハート

なんか女の子らしい気分で打ったら力まなかったせいか、ナイスショットでした!!

 

f:id:hachimofu:20190905102632j:plain

 

スコアは公表できる程ではなく(泣)

でも、目標の「ドライバーはフェアウェイに!」は、80%近く達成!!

島松コースにシブ子ちゃんを見てきて、プロのようなをゆっくりゆっくりのスイングをを心掛けて一日まわりました。

その結果、ドライバーは良くなったものの、アイアンとアプローチのタイミングがしっくりこなくなってしまって、ダボ量産。。。

次回の目標も「スコアより正確なショットを!」 で決まり!!

 

また皆さんにお伝えできるように頑張ります!!

 

「猫2匹可物件」探しで感じた厳しさと北海道の懐の広さ!やっぱり「でっかいどぅ~」

主人の転勤を機に、中部地方から札幌に引っ越すことになりました!

長距離の引っ越しは初めてです。しかも我が家は猫を2匹飼っています。

期待半分、不安半分の札幌での物件探し! 

「希望通りの物件はあるのか?」

「2匹のにゃんこは、無事道民になることが出来るのか?」

 

 物件探しをする中で、ちょっと困ってしまったこと・初めて知った事などがありましたので、まとめてみました。

これから札幌への引っ越しをお考えの方のお役に立てれば嬉しいです!

 

 

物件探しの条件はコレ!

最優先は「ペット可」

我が家には2匹のにゃんこがいますので、にゃんこが快適に暮らせるお部屋が何よりも重要です。

鳴き声などの音も周りの方のご迷惑にならないように、防音設備が整っていることも大切ですね。

 駅チカ7分以内

やはり通勤の事を考えれば、駅からの距離も慎重にならなければなりません。

雨の日や雪の日の事も考えて、これは外せない条件ですね。

広さは2LDK以上

人間だけならば多少狭くても我慢できますが、ペットがいるとなると別ですよね。

動物好きの方には「ペットファースト」は最早、当たり前のことだと思います。

それにトイレの数は、「頭数+1」が理想とされています。

我が家の場合は2台必要なのでよりスペースが必要ですし、上下運動が出来るキャットタワーを置くとなると、それなりの広さは必要ですので、最低でも2LDKを希望することにしました。

 一戸建てよりもまずはマンションを・・・

広くて鳴き声などの音を気にしなくても良い「一戸建て」を希望していましたが、札幌の冬を経験する前は、雪かきの心配の無いマンションの方がおススメと聞きましたので、一戸建ては諦めました。

私たちの住んでいた所も、雪の降らない地域じゃないんです。マイナス10°近くまで気温が下がりますし、雪かきだって毎年やってきました。

ただ、あまりにも雪の心配を皆さんがしてくれるので、アドバイスは素直に心に留めておこうと思い、「マンション一択」で進めることにしました。

 

初回の検索条件としてはこんなところでしょうか。

 

早速、検索してみると・・・

 

思っていたよりたくさんの物件が検索されました!

一気にパーッと札幌生活に明るい光が差し込みました!

 

いける! これはいけるぞ! 

 

大した知識も無い私ですが「円山」というエリアは、高級な住宅地ということぐらい知っています!それが結構出てくるんです!

あらあら、こんなハイクラスのエリアに住めるの!? 私が!? まじで!? いや、まじで?なんて言葉、今後使えなくなっちゃいますわよ。

 

30何階建てやら、床暖房やら、ロードヒーティングなるもの・・・ロードヒーティングなんて何年か前に、アーケードを取っ払った近くの商店街の歩道に設置されたぐらいで、その時初めて聞いた単語ですし、もちろん身近にある設備ではありません。

ここ札幌ではその設備がマンションに設置されていると知り、さすが豪雪地帯だなと驚きました。

 

お休みにはお弁当持って円山公園行って、円山動物園行って、お洒落なカフェでスイーツなんて食べたりして・・・夢は膨らみます!

 

他のエリアとしては、街中のテレビ塔あたりとか、官公庁や美術館・博物館などがあるエリア、あとはすすきの近くのエリアもありましたね。

街中はお買いものも便利だけど、でもデパ地下のものなんて高くて、日常となるとちょっと使えないなぁ、でもせっかく大きな街に住むのだから街中も憧れます。

 

賃貸サイトから一括検索してみた!

改めて不動産住宅情報サイトから賃貸物件の一括検索をしてみました!

するとすぐに4件の不動産屋さんからメールが来ました。

なんと早いレスポンス!!

 

人それぞれだと思いますが私はこういう時、一番最初に接触してくれた人に運命を感じるタイプでして・・・

例えば、デパートの化粧品売り場とかでも、最初に笑顔で挨拶をしてくれたお店にホイホイ入ってしまい、それまで使った事の無いブランドでもお試しでお化粧してもらったり、お話聞いちゃったりしてしまいます。なにかご縁を感じてしまうのです。

そのぐらい商売は、特にお客さん相手の商売は第一印象が大事だと思いますし、認証してあげることが何より肝心だと思うのです。実際、私はこれを一番に考えてこれまで仕事(商売)をしてきたつもりです。その辺の話もまた出来たらいいですね。

 

 4件の不動産屋さんからのメールはどれも定型文のようで、「検索してくれてありがとう、こちらからまたご連絡致します」的なメールでした。

男性3人、女性1人、女性がいてちょっと安心した。。。

 

のも束の間、

 

知らない番号(011×××~)から電話が掛かってきました。

本当は出ない方が良いかもしれないけど、出てみました。

 

私「は、はい。」

 

謎の相手「あっ、もしもし!〇〇さんですか?私、札幌の△△不動産です!この度は一括検索ありがとうございましたーー!!」

 

男性でした。 しかし、、、

 

ちょっと軽い。。。

ドキドキしながら電話に出たので、ちょっと拍子抜け。。。

(が、しかしこの「軽い感じ」が最終的には私を救ってくれる事になるのですが、この時の私には知る由もありませんでした)

 

不動産屋さんの独特な雰囲気に、話の内容がなかなか頭に入ってきませんでしたがを気を取り直して・・・

主人の転勤で引っ越し予定ということ、時期は5月中旬ということ、ペットを飼っているということ、まだまだ先だけど早めに調べておこうと思って検索したんです、なんて事を簡単に伝えました。

 

私「でもさすが都会ですね、ペット可の物件も結構あるんですね!私のいる田舎では中々無いので。それに猫2匹なのに。安心しました!」

 

不動産屋さん「あることはありますが、もしかしたらお調べになったのはワンちゃんのみとか、猫ちゃんでも1匹だったら可能という物件の可能性が高いような気がしますが、どうすかね?・・・」

 

私「えっ???そうなんですか?ただ、検索の条件の中にペット可って入れて検索したんですが、違いますか? 何か違うんですか???」

 

不動産屋さん「ええ、そうなんですよ。小型犬はOKという物件はかなり多くなってきてはいるんですが、猫ちゃんはちょっと違いまして・・・更に2匹となるとガクッと物件数少なくなるんですよぉ。ペットOKの物件が100件あったとするじゃないですかぁ。その中で猫ちゃん2匹OKの物件は2、3件あればいい方ですねぇ。」

 

  あらまぁ、そうなの。超少ないじゃん。

   そんなんで見つかるの??

 

ってことは、さっきまで見てたタワーマンションとか、時計台辺りの街中の物件とかは極めて難しいってことじゃない?

ペットブームと言えど、まだまだそうなのかなぁ。

 やはり、物件探しは難しいのでしょうか。

 

しかーーーーーーし、

 

100件中2、3件でも0件ではないという事!!

97件はご縁が無かったっていう、ただそれだけの事じゃあないか!!

 

そう、無いわけでは無いということなんです!!

 

ここがすごいよ!札幌の不動産屋さん

数社の不動産屋さんから頂いた電話の中でとてもビックリした事がありました。

それは、札幌市内の物件だったら、どこの不動産屋さんでも紹介してもらえるということです。

住んでいた中部地方では、不動産屋さんによって所有している物件が違ったり、家賃が不動産屋さんによって違ったり、「このエリアの物件はこの不動産屋さんが強い」ということもあって、何店舗も不動産屋さんを回らなければ色々な物件を見ることが出来ない、より条件にあった物件にめぐり会えない、なんてこともあったのですが、札幌ではそれが無いとの事。

つまり、内覧できる物件はどこの不動産屋さんでも同じという事なんです。

ということは、内覧する時には1件の不動産屋さんとのアポイントで済むので、時間短縮になり便利です!

しかし、そうは言っても少し不安だったので私は念の為、3件の不動産屋さんとやり取りをしていました。

 

 結局、このやり取りの1か月後に内覧をして、無事物件を決める事が出来たのですが、最初に不動産屋さんから教えていただいたように、条件にあった物件は、1件のみでした。

 

しかし、運が良いことにその物件は全ての条件を満たしており、にゃんこ達も今のところ快適に暮らしております!

 

物件探しを通じて分かったこと

たまたま私たちが物件探しをしたタイミングが、物件数の少ない時期だったかもしれませんが、たくさんの候補の中から希望通りの物件に巡り合えるのは本当に難しいんだなという事を感じました。

それと、競争もなければ売り込んでくることも無い、大らかな不動産屋さんのスタンスに、北の大地のような心の広さを感じました!

どこの不動産屋さんでも、気持ちよく自分の条件にあった物件探しのお手伝いをしてくれると思いますよ!!